モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 様式史研究会に行ってきました

<<   作成日時 : 2005/09/28 03:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 とりあえず、こういう研究会もっと山形であるといいな、ってのが一番の感想ですね。コンソーシアムとかなんとか、単位ばっかりの交流ではつまんない。何かの行事やって、学生に「これって出席が単位に関係あるんですか?」と聞かれるのが一番凹みますし、私。

 高橋くるみさんの「茨海小学校」論については、会場でも拙い質問をしましたが、中盤の非常にクリアカットな「罠」論(「これはパイプではない」式の表象論にもつながりますよね)が、「賢治神話化批判」を挟むことによって薄められてしまった印象で残念。賢治業界では神話化批判にはやはり未だ意味があるのでしょうが、門前の小僧からみたらば、だんだんと今更感も漂ってるわけで、そのために論自体を息苦しくする意味はないんじゃないかな、と思うんですけど。

 高橋秀太郎、野口哲也両氏の津島佑子論、多和田葉子論に共通していたと思うのは、他者に対する主体の位置をどう操作できるか、という問題をテクストに読み込もうという姿勢だと思う。「内向」時代に本格的な出発を遂げた津島が、「社会に全面的にアンガージュせよ、飢えた子どもの前でこそ文学者の本質は問われる」式の、「全面的他者依存型主体」から身をそらそうとして「想像妊娠」というフェイクを主体の本質に置いたとするならば、多和田は自らの主体的な言説に複数性と違和(exo)を持ち込むことで同様の試みを成したとは言えまいか。
 もしそういえるとして、しかし、それが60年代の100倍くらいナイーブになってよみがえった応答責任論的主体性(乃至、その単純な裏返しとしてのミーイズム的実存論)に、捕まるのか捕まらないのか、というあたりを、今後の可能性の中心として聞いてみたかった。

 いや、要約すれば、要するに全部おもしろかったですよ、ということなんですが。あとの二人には私が半ば強引に発表を依頼したという経緯もあったもんで、どうなるかしらと聞きに行ったのですが、予想以上、心配ご無用でしたね。

 その後、懇親会でいろいろとお話しした後、終電までの時間を、貸し切り状態で閑散としている駅前バーにて後輩たちと過ごす。結局買ったiPodを、「社会人はおもちゃ買えていーだろー」と自慢げに見せびらかしていたらば、

「モリオカさんは、ホントに新しいもの好きっすよねー、どうせすぐ飽きるくせに(笑)」

と、この上なく的確な批評を頂く。ムムム。
 収録曲についてのつっこみは織り込み済みであったのだが、さすがに10年のおつきあい、よく見破ってるじゃないか(汗)。機械だの服だのという「モノ」についてはホントにそういうミーハー且つ執着心無しな性質があるんだよなぁ。だからおもちゃ程度の値段のしか買わないことにしてるんだけど。…飽きたら押しつけるから覚悟〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ども!更新お疲れ様です!
や、10年来とか言われるとボクもそんな年取ったかと感慨深いですが、
相変わらずの馬力な救いの手をさしのべられて、助かったです。
逃げろ〜とか言ってながら、それ言われるまで正直「捕まる」とか「捕まらない」とか
考えてなかったんですよね。
空っぽのイッヒ!とか言ってる場合じゃなかったですね、ハイ。
でもな〜本当に誰か捕まえに来ようとしてるんかいな、って逃げ続けてる
ってのが妥当なところでしょうか・・・
(の_の)
2005/09/29 00:46
研究会ってものが嫌いだけどそれは学生時代に体験した様式史研究会があまりに刺激的だったからな俺様が来ましたよ。
盛会だったようですね。皆さんの役割は、大将に酒を飲ませて馬鹿をさせることですよ。ちゃんとやりましたか?
いなせなマカー
2005/09/29 01:56
ええ、根っからの体育会系論文書き三人組としては、お役目ばっちり抜かりはござんせん、と申し上げたいところでございますが、大将は「低アルコールビール」数本を持ち込まれ、それ以外に決して手を付けようとはなさいませんでした。何でも、節制の結果γGTPをこの数年で1/10になさったとのこと。ムムウ。そうそう、すごいコマ数とすごいFDエフォートをこなされつつも、秋には大きなお仕事2つばかり出されるそうです。やっぱり常人ではない…
morioka
2005/09/29 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
様式史研究会に行ってきました モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる