モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 卒業生と会う

<<   作成日時 : 2005/12/07 03:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 広報パンフレット作成、というお仕事で、久々に卒業生が研究室を訪ねてくれた。
 なんだか随分懐かしくてうれしかったなあ。(おーい、えいこさんみてますか〜?)
 仕事の様子や同期のみなさんの動向などを聞きながら、出前のラーメンをズルズルすする。
 ほんと、同級会したいね。呼んでくれ。

 その後撮影、現役学生の撮影にも立ち会う。
 本当はもっと話していたかったのだが、残念ながら授業にてかなわず。

 「映画論U」では、橋口亮輔「HUSH!」を見る。何回見ても片岡礼子はスゴイ。

 その後、来期の教務的仕込みと広報打ち合わせ。帰宅しても引き続き。マルチタスクで他の作業も。

(というわけで、今日は1)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
『HUSH!』は名作だと思います。
カミングアウトした上でああいう作品を作っている
ほがらかな人(ほぼ日用語)は日本では珍しいかも。
絵描き屋
2005/12/07 14:44
ああ、君もか!
一年目学生に見せたら大好評で、気をよくしてよく使ってます。
俺自身も好きな映画でもあるし(けど、この人ホント急激に上手くなったタイプね。大きな声では言えないが一作目はある意味スゴイ)。
マカーさまは「ああ、ありゃ女子大生にはうけるだろ」とやや冷たく(笑)
morioka
2005/12/08 03:35
『二十歳の微熱』でしたかね、1作目。
未見なんですが、確かPFF出身だったような。

現代の御伽噺的な要素が強くて
ボーイズラブ風味(苦笑)なところが
マカー氏のコメントの根拠なのではと推察します。
監督本人がほがらかさんでなければ
作品の強度はもうちょっと低かったかもしれませんね。
でも、印象に残っているのはテーマソングです(苦笑)。
絵描き屋
2005/12/09 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
卒業生と会う モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる