モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月も研究会シーズンですが、

<<   作成日時 : 2006/02/15 02:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

…参加する人たちは次年度の準備とかどうしてるんだろ。マジで。
 昨年3月末、一週間ばかり大阪―東京ツアーに出てたら、職場復帰後2週間ほど死亡遊戯だったんですけど。

 今年もいろいろ愉快げなイベントがあるらしい。
 非日本近代文学系から幾つか。(以下他ブログより転載無断リンク失礼しまっす)

 「希望の国家論――立岩真也×稲葉振一郎」
 ■日時:2006年3月11日(土)開場13:00(開始:13:30より最大17:00まで)
 ■場所:阪急梅田駅「阪急ターミナルスクエア」17階…
http://d.hatena.ne.jp/kuronekobousyu/20060212/p1

東京大学LAC第4回国際シンポジウム「精神分析的思考の可能性」
  2006年3月17日(金) 13:00-18:30
  東大駒場キャンパス学際交流ホール (通訳あり・予約不要)
第1セッション 「精神分析から歴史・共同体を考える」 13:10〜
  加藤敏「現代社会における〈模倣的〉欲望と虚偽の自己増殖」
  中野昌弘「新自由主義と拝金主義」
  村山敏勝「予め失われたものの生存」
第2セッション 「文学から精神分析を考える」 16:00〜
  ピエール・バイヤール「応用文学(文学の精神分析への応用)は可能か?」
  山崎冬太「日本近現代史からの照射――中原中也と谷川俊太郎を軸に」
  山田広昭「精神分析の文学的欲望」
http://d.hatena.ne.jp/kuronekobousyu/20060212/p1

 とまあ、いろいろとある中、谷崎研究会からは、拠点となりつつあった谷崎記念館の運営が芦屋市から離れるというお知らせを頂いた。うーん。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月も研究会シーズンですが、 モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる