モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS フィーリングは死語でもない?

<<   作成日時 : 2006/08/21 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 今会議が一つ終わって次の打ち合わせまでの休憩時間なわけだが、最近の学生に顕著な誤字に、「倫理感」「価値感」の類や、「興味深く感心を持った」など、「感」の字に関わるものが多いのではないか、という話になった。
 これに、「首相が感動したを連発する時代だから」などとオチを付けてしまえばタダのオヤジ愚痴的世代論になっちゃうわけだが。
 昨日まで、手許にあった70年前後の資料などをユルユル眺めていたのだが、例えば、『週刊現代』三島追悼号なんかにも、「シュールなフィーリング」とかいう煽りのついた広告は散見されるわけである。
 そうはいっても、やはり「感」の字連発に何かしら兆候的なものを読み取りたくなる誘惑も分からなくはない。うーむ。
 …小学校の作文指導で「感動した」「感心した」をオチに付けろと言われ続けた世代、とかいう類推はなしか。なしかな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そのうち「なぜか変換できない」とか書いてくるやつが出たりして。

「フィーリングカップル」なんてのもありましたが(古っ!)昔は
「情念」「観念」だったわけですけどね。今はフィーリングというより
アトモスフィア=「空気嫁」のほうに近いのでは。

YANASE
2006/08/21 17:31
情念→感動→空気(見えない共同体)…ああっ、しまった!!オヤジ世代論の罠にまた自らっ!!www
morioka
2006/08/23 00:06
自演乙w。
yanase
2006/08/23 03:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィーリングは死語でもない? モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる