モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 実家が内田ブームらしい

<<   作成日時 : 2010/03/10 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで、研究室にあった内田樹本を封筒につっこんで発送。

5年前くらいはかなり熱心に読んでいて、今でもブログはたまにのぞく。『ためらいの倫理学』と『先生はえらい』は今でもとても面白い本だと思う。あ、『先生はえらい』とほとんど同じ内容だけど、『下流志向』もぐっときたなあ。

でも、まあ、もういいかなあと思うようになったのは、一種の状況(批判)論的なスタンスがかなり目立つようになってから。そういうアクチュアリティが必要なフェイズもあるとは思うのだが、基本的に大所高所からの状況論はちょっとめんどくさい。とりわけ、村上春樹を巡る文章には、状況判断がかなり強烈に介入していて、うーむこれは春樹論じゃないなあ、という読後感がある。著者に言わせれば、「俺じゃなくてこれまでの春樹論が状況論に過ぎるのだよ!」ということになるのだろうが。

そうそう、メディアリテラシーの必要性は当然としても、それを踏み越えた所謂「マスコミ批判」みたいな言説(マスゴミとかいうやつね)を、全然信用する気にならないのは、それが、「真実のコミュニケーション」を前提としているように見える、もうちょっと言うと、「自分は正しい情報を理解できる」と思っているから。そんなんネエヨ、ってことを理解することがメディアリテラシーのはずなのにね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実家が内田ブームらしい モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる