モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ハルビンで観光もして参りました。

<<   作成日時 : 2010/09/16 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

夜のハルビン工大近辺。今回のベストショット。
物凄い規模の大学で、学生は基本全寮制、大学周辺には教職員のための宿舎もたくさん、ほとんど一つの街を形成しそうな勢いなのではありますが、しかし、それがハルビン駅近くにあるというあたりが日本の所謂「学園都市」とは違うところ。
画像画像

ホテル近くにいたスイカ売りのトラックと野良ワン吉君。どちらも町中にはそこそこいらっしゃいます。しかしこのスイカはいつか完売するのであろうか。するんだろうなあ。
画像画像

近代的都市としての出発はロシア統治時代からということで、歴史的建造物にはそういう香りも。というか、街にある普通のビル一つ一つにデザインがあって、町並みは「目に楽しい」と「キッチュ」とのギリギリあたりか。私は好きですが。ちょうど、森川「趣都の誕生」を携えていたので、余計にそんなことを思ったのかもしれないけれども、日本の町並みとは同じモダンといっても随分違う。
画像画像

運転はともかく荒いww左折(右側通行)時に、中央線という概念がなくなっている様子、お分かりいただけるであろうか。バイクで引く荷車のような乗り物も沢山走っている。おっちゃん足投げ出して楽しそうやなあ。
画像

完全に接待されてしまって、贅沢なご飯も沢山いただきましたが、一番おいしかったのはこの「春餅」。ジャガイモの千切り油炒めとか、焼豚とか、野菜炒めとか、そういった具を、薄く焼いた皮で包んでいただきます。
画像

街で日本語を探したのですが、このくらいしかなかったかも。あとはドラ○もんとか。あ、「萌館(moe house)」っていうの看板だけ見つけたけど、中に入ってみることはできなかった。
画像

というのも、初日に足をくじいて(帰国後骨折と判明、現在松葉杖暮らし。トホホ)、いつものようにぐいぐいと歩き回ることができなかったからでございます。残念すぎる。
日本人が中国語を聞くと、なんだかいつでも怒っているみたいに感じてしまい、また実際に、何でも交渉、みたいな側面もどうやらあるみたいなんだけど、でも、「ああ、関西のおっちゃんおばちゃんが沢山おるんやなあ」と思ったらそれでだいぶ馴染んだ。勤務先の公式訪問ということで、あまりくだけた交流の場はなく、遅くまで痛飲して店の人や隣の客と話す、という場面もなかったのだが、屋台でアイスクリーム買って支払いに小銭がギリギリ足りなかったとき、物凄いいかついおっちゃん(アイスクリーム売るには不適格な顔)が「ニヤーッ」としてまけてくれたのはいい思い出。あ、英語はホントに通じませんでしたが、筆談は予想以上に通じました。次行くときはちょっとだけでも会話覚えていたいものだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハルビンで観光もして参りました。 モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる