モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月17日に招待講師を迎えて講義を行いました。

<<   作成日時 : 2011/12/20 23:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「現代文学におけるミステリ様式の可能性」というタイトルの講義に、北海道大学教授の押野武志先生をお招きしました。
画像

授業を通して、ポストモダン以降の文化潮流を概観しつつ、物語論がどのように展開していったかを、村上春樹に対する評価を一つの軸として追いかける、というようなことをやっているのですが、押野先生にご講義いただいたのは、フラット化した現代ミステリと物語論といった内容。
3時間お話をいただいたのですが、前夜に届いたスライドがなんと108枚。これは煩悩の数かそれとも除夜の鐘か。まあどちらも意味は同じな訳ですが。そういった軽口はともかくとして、大変に熱の入った、しかもわかりやすい話(押野さんの話でわかりにくかったことはこれまでない!すごい!)で、学生たちも大変刺激をうけたようでした。
さーて、ここからどうするかなあ。基本的にはこの講義で伝えるべき、マストな内容はあらかた終了しているので、ここからがアレンジのしどころといったところでしょうか。冬休みにもう一度練り直すこととしましょうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月17日に招待講師を迎えて講義を行いました。 モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる