モリオカ三行日記(ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育の事は文科省、ではダメなんかな。

<<   作成日時 : 2008/09/16 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カリキュラム書きをしていて率直に疑問。幼保一元化ってほんとにできるんだろうか。資格管轄官庁も違えば実習先の監督組織も違う。んで、互いのカリキュラムのすり合わせも緻密にはない。

もちろん、保育と幼児教育は業務内容が違うといわれたらその通りなんだけども、じゃあ実情はいったいどうなんでしょうという話は残る。

さらに、いまどき「自分は幼稚園だけでよくて保育士要らない」とか、あるいはその逆とか、そういう人はホボいないわけですよ。(オヤジギャグだ笑うがよい。)今後、幼稚園と保育園を両方、という経営多角化・大規模化は間違いなく進むわけでもあり。

保育士に限らず、厚労省管轄の資格、あるいは他省庁管轄の資格を出している学校は、文科省からみた「学校」と、別省庁からみた「養成校」と、という二つの顔を必然的に持たされるわけで、そのすり合わせ的作業は個別の学校において行う事になる。果たして、それが管理上ローリスクローコストなのだろうか。

個別の学校において行うすり合わせ作業から学校の個性というものが生まれるのだといわれたら確かにそうかもしれないし、さらにそういうすり合わせすらできないのかよこら、といわれたらそうではなくて、ウチも含めてどこもきちんとこなしているのだが(実地調査の厳格な事…)。あ、それと、全部の資格を文科省が一元管理すると多様性が生まれにくいという見方も成り立つか。しかし、なんというかもうちょい効率的効果的な(受益者=学生にとってメリットのある)方法もありそうな気がするんだけどな。

たぶんどこかで既に議論されている事なんでしょう(ご存知の方はお教えください)が、ちょっとだけ感想をメモしておこうっと。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育の事は文科省、ではダメなんかな。 モリオカ三行日記(ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる